コドミン 効果

コドミンの効果は期待できる?【口コミも紹介中】

コドミン効果

忘れ物が多い、朝起きれない、ルールが守れない、とにかくじっとしていられない。。。

 

自分の子どもが幼稚園や小学校の集団生活に馴染めず周りに迷惑をかけたり、癇癪を起してお友達に怪我をさせてしまったりすると、なぜうちの子は他の子と違うの?と悩んでしまいますよね。

 

そんな落ち着きのない子に効果があると話題になっているのがブレインサプリ、コドミンです。

 

コドミンを飲み始めてから落ち着きが出た、集中できるようになった、お友達と遊べるようになったといった効果が報告されています。

 

ここではコドミンの気になる効果、そして効果的な飲み方について見ていきたいと思います。

 

 

コドミンの気になる効果って?

 

まずはコドミンの気になる効果を口コミでいくつか紹介します!

 

「とにかく座ってられなかったのがコドミンを飲むようになってから静かに座ってられるように。ホッとしました。試して良かったです。」

 

「コドミンを飲み始めてからお友達とも楽しく遊べるように。保育園に行くのを嫌がっていたのが嘘のようです。」

 

「笑顔が増えました。今までは落ち着きがなく他の子から嫌がられなかなか輪に入れなかったのですがコドミンを飲み始めてから少しずつ馴染めるようになりました!」

 

口コミでコドミンの効果を見てみると、子ども自身が毎日を楽しく過ごせるようになったという意見が多くありました。

 

この効果の秘密は大豆由来の成分、ホスファチジルセリン。

 

ホスファチジルセリンはブレインフードと呼ばれる物質の一つで脳内の神経伝達物質の行き来に役立つといわれています。

 

脳内で神経伝達物質が上手く行き来できることによって集中力が増したり感情のコントロールができたりするんですね。

 

ホスファチジルセリンは大豆に含まれているので大豆をたくさん食べれば良さそうですが、大豆に含まれているのはごく微量。

 

なのでコドミンに含まれている量のホスファチジルセリンを大豆そのものから摂取しようとすると大豆を毎日3kg以上も食べなければいけないことになります。

 

これだけのホスファチジルセリンを食事から摂取するのは難しいですよね。そこでコドミンがホスファチジルセリンを効果的に摂取する方法として選ばれているんですね。

 

人によってはコドミンを飲み始めて比較的短期間で効果を感じた場合もあるようですが、大抵は2,3か月と続けていくうちにいつの間にか「座って集中できるようになっていた」「お友達と喧嘩をしないで遊べるようになっていた」と感じているようです。

 

なので即効性を期待せずに継続していくことが効果の出る秘訣のようですね。

 

 

 

コドミンの効果的な飲み方

 

コドミンは1日1〜2粒を目安に摂取するとされています。

 

でもこれはあくまでも目安なのでお子様の体調に合わせて飲む量を調節してあげて下さいね。

 

一度に多量に飲んだからといって効果が上がるわけではありませんし、胃腸に負担をかけてしまってもいけませんからね。

 

一度にたくさん飲むより毎日続けていく方が大切です。

 

またコドミンを飲むだけでなく日々の生活習慣を見直していくことも必要です。

 

食生活や睡眠が乱れると子どもは(大人もですが!)集中力が欠けたりキレやすくなったりします。栄養のバランスの取れた食生活に適度な運動と睡眠は基本です。

 

家族みんなでコドミンと共に健康的な生活習慣を心掛けていってくださいね。

 

 

>>コドミンの詳細をチェック!